マリンアクアリストのための
珊瑚図鑑
 

てかの                                         
 南の海を目指せ!

画    像

和   名 アザミサンゴ

通 称 名 ----------
学   名 Galaxea  fascicularis
解   説 四国南部以南に分布し、各地で普通に見られる。群体形は半球状、円柱状、板状である。非常に巨大な群体も知られる。サンゴ個体どうしは少し隙間をあけ整然と並ぶ。少し角ばったような楕円形で、鋭く尖った隔壁が突出する。ポリプは昼間もよく開いている。夜間は10cm程度の非常に強いスィーパー触手を出す。これにより、このサンゴのまわりに他種のサンゴは近づけない。群体色は様々で多彩である。
光・水流・水温・他 光−強、水流−中、水温−25℃前後
備   考 特に導入直後は水流を当てた方が良い。他のサンゴとは10cm以上離すか、間に海藻等で壁をつくる。水流の向きにも注意しないと、下流のサンゴが殺される。アザミサンゴ自体は強いサンゴで飼育しやすい。
撮影場所・協力

アクアマーケット

撮  影  者

てか