マリンアクアリストのための
珊瑚図鑑
 

てかの                                         
 南の海を目指せ!

画    像

和   名 カメノコキクメイシ

通 称 名 ----------
学   名

Favites  abdita

解   説

i伊豆半島以南に分布し、礁斜面や礁池で見られる。

群体形は塊状や被覆状で、表面は不規則に緩やかな凹凸になる。

莢は約1cmで多角形、規則正しく配列した隔壁と鋸歯がよく分かる。

莢壁は厚く、ポリプが様々な向きを向く。

凹部の莢はやや小さめである。

触手環外出芽で増殖する。昼間はポリプを開かない。

群体の色は褐色または淡褐色のものが多いが、時々口盤部が緑色や黄色のものも見られる。

光・水流・水温・他 光−強、水流−中、水温−25℃前後
備   考 脇役的なキクメイシ科の中でも存在感のあるきれいなサンゴで、水槽内でも主役になれます。特に導入直後はゆるい水流を当てた方が良い。
撮影場所・協力

アクアマーケット

撮  影  者

てか