マリンアクアリストのための
珊瑚図鑑
 

てかの                                         
 南の海を目指せ!

画    像

和   名 サンカクミドリイシ

通 称 名 ----------
学   名 Acropora  monticulosa
解   説 沖縄以南に分布し、礁斜面などの浅場に見られる。群体はコリンポーズ型であるが、非常に小さなものでは被覆状の群体も見られる。板状の基盤から先端部が尖ったよう見える太短い指状の枝が出ている。頂端ポリプは側生ポリプよりは大きいが、やや小さめである。側生ポリプは枝に着生し、ほぼ同大、縦に列をなすように見える。昼間はポリプを開かない。オヤユビミドリイシに似るが、頂端ポリプの大きさがやや小さいことや側生ポリプの大きさがほぼ同大であることから区別出来る。群体の色彩は、褐色、淡褐色、緑褐色、赤褐色、赤緑色など様々で、枝先端部の色が異なったり、淡色になっていることがある。
光・水流・水温・他 光−強、水流−中、水温−25℃前後
備   考 特に導入直後はゆるい水流を当てた方が良い。
撮影場所・協力

アクアマーケット

撮  影  者

てか