マリンアクアリストのための
珊瑚図鑑
 

てかの                                         
 南の海を目指せ!

画    像

和   名 ----------(和名なし)

通 称 名 ----------
学   名 A.subulata
解   説 四国以南に分布し、様々な環境で見られるため、群体形もコリンポーズ状、テーブル状、円形状など様々である。また、枝の張り具合も水流の強さなどの違いにより様々な太さのものが見られる。横に伸びた主枝が融合し、この主枝から小枝が垂直に上へ伸びる。頂端ポリプは大きめの円筒形でわずかに突出し、側生ポリプは着生し、ほぼ同大である。主枝上の側生ポリプは埋没している。サンゴ個体の側面には肋が見られ、格子状に見える。昼間もポリプを開くものがある。群体の色彩は、淡褐色、桃色、青色、緑色など様々で、枝先端部が色上がりしているものもある。
光・水流・水温・他 光−強、水流−弱〜中、水温−25℃前後
備   考 特に導入直後はゆるい水流を当てた方が良い。
撮影場所

てかの水槽

撮  影  者

てか