マリンアクアリストのための
珊瑚図鑑
 

てかの                                         
 南の海を目指せ!

画    像

和   名 オオリュウキュウキッカサンゴ

通 称 名 ----------
学   名 Echinopora  gemmacea
解   説 奄美大島以南に分布し、礁斜面などに見られる。群体は被覆状、板状で周縁部が葉状になり、まれに上方へ向けて枝状に伸びる。(画像の群体は枝状に伸びているもの。)表面全体に非常に小さな疣状の突起があり、ざらついたように見える。(画像5枚目)ポリプは直径5mmで円錐形にわずかに突出し、表面全体に一様に分布する。昼間は開かないことが多い。群体の色彩は淡褐色、暗褐色、緑褐色、緑色などで、周縁部の色が淡くなることがある。

 

 

光・水流・水温・他 光−中〜強、水流−中、水温−25℃前後
備   考 特に導入直後はゆるい水流を当てた方が良い。
撮影場所

てかのリーフ水槽

撮  影  者

てか