マリンアクアリストのための
珊瑚図鑑
 

てかの                                         
 南の海を目指せ!

画    像

和   名 オオハナガタサンゴ

通 称 名 ----------
学   名 LLobophyllia   hemprichii
解   説 紀伊半島以南に分布し、礁池・礁斜面など様々な環境に見られる。群体は半球形の塊状になる。直径数mになる群体も見られる。ショップ等で見られるのはその一部を欠いたもの。谷幅は広く、谷の中央に口が1〜複数個見られる。莢壁は共肉が肉厚な感じで、隔壁も共肉に近いところでは厚みを持つ。共肉が縮むと鋸歯が目立つ。昼間は触手を伸ばさない。群体の色は赤色、ピンク色、赤褐色、褐色、緑色、暗緑色、灰色など様々であるが、同一群体は同系色である。口盤部の色が他と異なるものが多い。ショップではハナガタサンゴと混同されて流通している。
光・水流・水温・他 光−弱〜中、水流−中〜弱、水温−25℃前後
備   考 特に導入直後はゆるい水流を当てた方が良い。
撮影場所・協力

てかの水槽

撮  影  者

てか