マリンアクアリストのための
珊瑚図鑑
 

てかの                                         
 南の海を目指せ!

画    像

和   名 ロッポウハナガササンゴ

通 称 名 ----------
学   名 Goniopora   minor
解   説 四国南部以南に分布し、礁斜面の浅場に多く見られる。群体は岩を覆う被覆状や半球形のものがある。浅く厚みのある莢で、莢直径は4mm程度まで、莢を観察すると、多角形や六角形に見える。また、杭が発達し、中央に集まっている。ポリプは昼間も開くが、あまり長くはない。群体の色彩は暗褐色、褐色、緑褐色である。深場にみられるものや高知産のものは緑色の強い美しいものがある。
光・水流・水温・他 光−中〜強、水流−弱〜中、水温−23℃〜25℃前後
備   考 特に導入直後はゆるい水流を当てた方が良い。
撮影場所

てかの水槽

撮  影  者

てか