マリンアクアリストのための
珊瑚図鑑
 

てかの                                         
 南の海を目指せ!

画    像

和   名 ハマサンゴ

通 称 名 ----------
学   名 Porites  australiensis
解   説 沖縄以南に分布し、礁池などで普通に見られる。礁池等の浅場ではマイクロアトールを形成するものもある。群体は岩などを覆う被覆状または、塊状で、大きな群体では数mもの大きさに成長している。群体表面は比較的に平坦であるが、中には多数のこぶが盛り上がることもある。表面を覆い尽くすようにサンゴ個体がある。サンゴ個体は莢の直径が1〜2mm弱程度で、昼間もポリプを開いている。ハマサンゴの共骨に埋まるようにイバラカンザシなどが住んでいる。群体の色彩は緑色、緑褐色、黄緑色、淡褐色である。
光・水流・水温・他 光−中〜強、水流−弱〜中、水温−25℃前後
備   考 特に導入直後はゆるい水流を当てた方が良い。
撮影場所

てかの水槽

撮  影  者

てか