マリンアクアリストのための
珊瑚図鑑
 

てかの                                      
 南の海を目指せ!

画    像

和   名 アワユキサンゴ

通 称 名 ----------
学   名 Alveopora   spongiosa
解   説 紀伊半島以南に分布し、波あたりの弱い礁斜面などに多く見られるが、様々な環境にも見られる。群体は被覆状または準塊状である。アワサンゴやニホンアワサンゴに似るが、莢の直径は両者の中間くらいで、約2.5mm程度である。サンゴ個体も小さな感じで、ポリプは短い。昼間もポリプを開いている。触手先端部が丸い感じになっていて、よく観察すると触手先端部の大きさが、大きめのものと小さめのものが交互に並んでいる。この差がほとんど分からないものもある。群体の色彩は、褐色、赤褐色、緑褐色、白緑色など多彩である。
光・水流・水温・他 光−弱〜中、水流−弱〜中、水温−23〜24℃前後
備   考 特に導入直後はゆるい水流を当てた方が良い。
ショップ等ではアワサンゴと混同されて扱われていることが多い。
撮影場所

てかの水槽

撮  影  者

てか