マリンアクアリストのための
珊瑚図鑑
 

てかの                                         
 南の海を目指せ!

画    像

和   名 ヒラノウサンゴ

通 称 名 ----------
学   名 Platygyra   daedalea
解   説 駿河湾以南に分布し、岩礁の浅場や波の当たらない礁斜面などに見られる。
群体形は半球形で、多くの口が並んだ長い谷が全体に見られる。莢壁は高く、真っ直ぐに出ている。ノウサンゴとの区別は大変難しいが、莢壁が垂直、谷の幅がやや広い等で区別出来る。
ポリプは昼間開かない。またスィーパーポリプを長く伸ばすので、他種のサンゴとは間隔を空けた方が良い。
色彩は濃褐色、褐色、淡褐色が中心で、谷が淡褐色、灰色、緑色になることも多い。
光・水流・水温・他 光−強、水流−弱〜中、水温−25℃前後
備   考 特に導入直後はゆるい水流を当てた方が良い。
他種サンゴとは間隔を空ける。
撮影場所・協力

アクアマーケット

撮  影  者

てか