マリンアクアリストのための
珊瑚図鑑
 

てかの                                         
 南の海を目指せ!

画    像

和   名 トゲヅツミドリイシ

通 称 名 ----------
学   名 Acropora  echinata
解   説 沖縄以南に分布し、礁斜面の深みなどの波あたりの弱い場所に多く見られる。
群体はブッシュ状であるが、大きな枝が伸び、そこから出ている小枝のまわりに非常に長い側生ポリプが出ているために、1本1本の枝は長い洗瓶ブラシ状になっている。頂端ポリプは分からない。ツツミドリイシの仲間でも非常に特徴的で同定しやすい。
群体下部の枝は死んでいることが多い。ホソヅツミドリイシに似るが、側生ポリプの大きさや長さで区別出来る。
昼間はポリプを出さない。
この種のみの非常に大きな群落を形成することもある。
群体の色彩は、褐色、赤褐色等であるが、枝先端部が淡色になっている。
光・水流・水温・他 光−強、水流−中〜弱、水温−25℃前後
備   考 特に導入直後はゆるい水流を当てた方が良い。
撮影場所・協力

アクアマーケット

撮  影  者

てか