マリンアクアリストのための
珊瑚図鑑
 

てかの                                         
 南の海を目指せ!

画    像

和   名 トゲコモンサンゴ

通 称 名 ----------
学   名

Montipora  hispida

解   説 紀伊半島以南に分布する。様々な環境に見られるが、内湾や礁池に多い。
群体は板状、準塊状など様々で、板状や塊状の一部が柱状や枝状に成長したものなども多く見られる。
群体表面は細かい棘状突起に覆われ、ざらざらした感じがする。他のよく似たコモンサンゴ属とはこのあたりで比較出来る。莢は直径1mm程度で共骨に埋まるが、ときに突出するものも見られ、莢壁には棘状突起が見られる。柱状群体部の先端部には棘状突起が見られず、平滑である。昼間はポリプを開かない。
色彩は褐色、緑褐色、灰緑色などで、枝状の先端部や板状の周縁部は淡色または白っぽくなっていることがある。
光・水流・水温・他 光−強、水流−弱〜中、水温−23〜25℃前後
備   考 特に導入直後はゆるい水流を当てた方が良い。強いサンゴで、周りの近くのサンゴを隔膜糸で攻撃することがある。
撮影場所・協力

アクアマーケット

撮  影  者

てか