マリンアクアリストのための
珊瑚図鑑
 

てかの                                         
 南の海を目指せ!

画    像

和   名 マルヅツハナガサミドリイシ

通 称 名 ----------
学   名 Acropora  loripes
解   説 四国以南に分布し、温帯海域に多く見られる。
群体は小型コリンポーズ型である。特徴的に頂端ポリプが丸みを帯び、球形または樽型になっているものが多く見られるが、通常の丸みを帯びた頂端ポリプも混在することが多い。特に高緯度海域の群体では球形、樽型の割合は減少し、同定しにくいものが多くなる。側生ポリプも丸みを帯びた鼻型である。
群体の色彩は濃褐色や暗緑色であり、画像6枚目のようにこれらが混在することもある。
光・水流・水温・他 光−強、水流−中、水温−23〜25℃
備   考 特に導入直後はゆるい水流を当てた方が良い。
撮影場所・協力

アクアマーケット

撮  影  者

てか