マリンアクアリストのための
珊瑚図鑑
 

てかの                                         
 南の海を目指せ!

画    像

和   名 ミナミカワラサンゴ

通 称 名 ----------
学   名 Lithophyllon    lobata
解   説 奄美大島以南に分布し、礁池内等で見られることが多い。
ほとんどの場合は固着性で、板状、被覆状であるが、稀に遊離している小型のものも見られる。このためクサビライシと間違われることもある。
ほとんどのものは単体で中央部に口が見られるが、高緯度に見られるものは周縁部にも口が見られることがある。
周縁部は波打ち、形も被覆した岩等に従い不規則である。
中央の口から周縁部に真っ直ぐに、若干波打った隔壁が伸びている。
同属のカワラサンゴにも似るが、若干小型であることと、単体のために口が1つ又は少ないことから区別できる。
昼間はポリプを開かない。
色彩は緑褐色、黄褐色、淡黄褐色、褐色のものが見られる。
光・水流・水温・他 光−中〜強、水流−中、水温−25℃前後
備   考 特に導入直後はゆるい水流を当てた方が良い。
撮影場所・協力

アクアマーケット

撮  影  者

てか