マリンアクアリストのための
珊瑚図鑑
 

てかの                                         
 南の海を目指せ!

画    像

英   名 ロリペス

通 称 名 ----------
学   名
(トレーディングネーム)
不明
(Acropora   loripes)
解   説 インドネシア・バリ島周辺の限られた地域に生息する希少性の高い種。(入荷は深場ミドリイシ類全体の30%程度)
生息水深が割合広く、割と浅い場所から水深25m以深のドロップオフまで見られる。このため群体形及び色彩は多様である。
基本的な群体形はテーブル状またコリンポーズ状で、枝状に伸びたものも見られる。四方に伸びた主枝から数度枝分かれした短い円柱形の小枝が伸びている。小枝には小さな反埋没型または円柱状のポリプが見らる。頂端ポリプは円柱状で先が丸く、枝からそのままの太さで頂端ポリプに続く。
色彩は茶、薄茶、淡褐色、淡緑色など。枝先端が淡色または白色で、さらにポリプ先端がブルー、パープル、ピンクになっているものも見られる。入荷時はほとんどが茶色や淡褐色であるが、水槽内で飼育するうちに色が上がってくるものが多い。
光・水流・水温・他 光−中〜弱、水流−0〜弱、水温27〜28℃
備   考 特に導入直後はゆるい水流を当てた方が良い。
撮影場所・協力

アクアマーケット

撮  影  者

てか