マリンアクアリストのための
珊瑚図鑑
 

てかの                                         
 南の海を目指せ!

画    像

和   名 ヒメヅツミドリイシ

通 称 名 ----------
学   名 Acropora   striata
解   説 種子島から沖縄本島付近の海域に分布する。特に種子島では広大な単一群落も観察されている。
群体は樹枝状、叢状の群体で、大きく成長する。
枝先端部は淡色で、頂端ポリプは大きくなるが、あまり突出しない。また側生ポリプは着生した管状で、不規則に並ぶ。下壁が厚くなり、鼻型に見えるものもある。
群体の色彩は、褐色、淡褐色、緑褐色で、前述の通り枝先端部が淡色で、白色又はややピンクがかって見える。水中では、枝先端部の淡色が際だって見える。
光・水流・水温・他 光−強、水流−やや強、水温−23〜25℃前後
備   考 特に導入直後はゆるい水流を当てた方が良い。
撮影場所・協力

てかの水槽

撮  影  者

てか