マリンアクアリストのための
珊瑚図鑑
 

てかの                                         
 南の海を目指せ!

画    像

和   名 シワリュウモンサンゴ

 

 

 

 

通 称 名 ----------
学   名 Pachyseris   rugosa
解   説 奄美大島以南に分布し、礁斜面などに見られる。


群体は被覆状で、大きな群体では上部から不規則な柱状部が伸長しているものが多い。周縁部は葉状になる。


群体の表面は特徴のある谷と峰、それに垂直に交わる細かい肋が観察できる。


サンゴ個体は葉状部の下面以外、全面に見られるが、昼夜共に触手を出さない。夜間は隔膜糸により近くにある珊瑚を攻撃することもある。


群体は緑褐色、褐色、赤褐色、灰褐色等が見られる。柱状部先端や周縁部が白っぽくなる。

光・水流・水温・他 光−強、水流−中、水温−2 4℃前後
備   考  
撮影場所・協力

アクアマーケット

撮  影  者

てか