マリンアクアリストのための
珊瑚図鑑
 

てかの                                         
 南の海を目指せ!

画    像

和   名 ハシラセンベイサンゴ

通 称 名 ----------
学   名 Leptoseris  scabra
解   説 四国南部から八重山諸島にかけて分布する。波当たりが弱く光も弱い礁斜面の深場などに見られる。石垣島の川平湾奥部に多く見られる。

群体は数十cm以上の幾重にも重なった葉状群体となる。また、葉状部の各部から管状の柱が上に伸びるものが多く見られる。

サンゴ個体は周縁部では疎でほとんど目立たず、中央部では少し多い。葉状部の表面や管状になった柱に見られる。また、莢の形も様々である。

サンゴ個体から伸びる特徴的な肋は葉状部中央では凹凸によりくねっているが、周縁部では周縁に向けて真っ直ぐに伸びている。

昼間はポリプを伸ばさない。

色彩は褐色や黄褐色であるが、周縁部や柱状になっている部分の先端部では白色になっている。

光・水流・水温・他 光−中〜弱、水流−弱〜中、水温−25℃前後
備   考  
撮影場所・協力

アクアマーケット

撮  影  者

てか