マリンアクアリストのための
珊瑚図鑑
 

てかの                                         
 南の海を目指せ!

画    像

和   名 パラオクサビライシ
通 称 名 ----------
学   名 Heliofungia  actiniformis
解   説 八重山諸島以南に分布し、波の静かな礁池や礁斜面の砂れき底に見られる。単体性のサンゴで、非固着性。形は円形で、中央に口があり、そこから周縁に向けて隔壁が走る。底面は真っ白で、中央に付着痕が見られる。昼間も先端に膨らみのある大きな長い触手を伸ばし、一見イソギンチャクのように見える。色は褐色、緑色、黄褐色などで、触手先端の膨らみの色が違うこともある。
光・水流・水温・他 光−やや強、水流−中、水温−25℃前後
備   考 特に導入直後は水流を当てた方が良い。
撮影場所・協力

アクアマーケット

撮  影  者

てか