マリンアクアリストのための
珊瑚図鑑
 

てかの                                         
 南の海を目指せ!

画    像

和   名 コイボコモンサンゴ

通 称 名 ----------
学   名 Montipora   monasteriata
解   説 四国南部以南に分布し、礁斜面上部の光が良く当たる場所に見られる。
群体型は塊状や被覆状で、部分により大きく丸く盛り上がることもある。また、被覆している岩盤に合わせて大きな凹凸が見られる。
表面には直径1mm前後の丸いこぶ状またはトゲ状の突起が多数見られるが、群体により密なものから疎なものまで様々である。密なものと疎なものでは、違う種と見間違うこともある。周縁部はこれらが僅かに長く伸びる。
サンゴ個体は表面の突起の間の谷に見られ、均一に分布している。昼間も小さなポリプを広げるものもある。
群体色は褐色、緑褐色、黒褐色、白色等様々で、周縁部は若干色彩が薄い。ポリプは褐色、オレンジ、薄桃色、赤色、薄緑色等の色彩を持つ。
光・水流・水温・他 光−強、水流−中、水温−24℃前後
備   考 強いサンゴで飼育も飼育も容易である。
撮影場所・協力

てかのリーフ水槽

撮  影  者

てか