マリンアクアリストのための
珊瑚図鑑
 

てかの                                         
 南の海を目指せ!

画    像

和   名 イボリュウモンサンゴ

通 称 名 ----------
学   名 Pachyseris    gemmae
解   説 沖縄本島以南に分布し、礁斜面の開けた場所に見られる。深場にも見られるが少ない。

群体は板状であるが、峰部が不規則な盛り上がりとなり、一見、樹状群体に見えるものもある。

周縁部はひさし状に広がっていることがある。

群体の表面は特徴のある谷と峰、それに垂直に交わる細かい肋が観察できる。


サンゴ個体は葉状部の下面以外、全面に見られるが、昼夜共に触手を出さない。夜間は隔膜糸により近くにある珊瑚を攻撃することもある。

シワリュウモンサンゴに非常によく似るが、前種よりも軸柱が未発達、または確認できない。

色彩は暗灰褐色、緑褐色、褐色などが見られ、周縁部やイボ状の先端部は白っぽい。

 

光・水流・水温・他 光−強、水流−中、水温−2 4℃前後
備   考  
撮影場所・協力

アクアマーケット

撮  影  者

てか