マリンアクアリストのための
珊瑚図鑑
 

てかの                                         
 南の海を目指せ!

画    像

和   名 アザミキクメイシ

通 称 名 ----------
学   名 Favia  danae
解   説 四国南部以南に分布する。

群体は固着性で、塊状群体になる、小さな群体では被覆状である。

サンゴ個体は10〜15mm程度で、共肉よりもよく突出している。隔壁とそれに続く肋がはっきりし、肋上の顆粒もはっきりしている。

昼間はポリプを開かない。触手環内出芽。

スボミキクメイシに似るが、アザミキクメイシの方がサンゴ個体が円錐に近く、よく突出して、円錐形である。また肋上の顆粒が顕著である。

色彩は濃褐色、赤褐色、緑褐色、緑色のまだら模様等である。

光・水流・水温・他 光−強、水流−弱〜中、水温−24℃前後
備   考 特に導入直後はゆるい水流を当てた方が良い。
撮影場所・協力

てかの水槽

撮  影  者

てか