マリンアクアリストのための
珊瑚図鑑
 

てかの                                         
 南の海を目指せ!

画    像

和   名 アザミハナガタサンゴ

通 称 名 ガラハナガタ
学   名 Scolymia  vitiensis
解   説 沖縄以南に分布し、礁池や礁斜面に見られる。直径10cm程度のサンゴ個体。サンゴ個体の中央には口が1つあるが、時に複数の口を持つものもある。共肉は厚く、昼間はポリプを出さない。隔壁には鋸歯があり、共肉が縮むとそれらが共肉から突出してトゲトゲしい感じになる。色は褐色、茶色、黄色、緑色、赤色など多彩で、これらの色が混ざったものもある。
光・水流・水温・他 光−中、水流−中、水温−25℃前後
備   考 特に導入直後は水流を当てた方が良い。
撮影場所・協力

てかの水槽

撮  影  者

てか