マリンアクアリストのための
珊瑚図鑑
 

てかの                                         
 南の海を目指せ!

画    像

和   名 オオイボヤギ

 

通 称 名 ----------
学   名 Dendrophyllia  coarctata
解   説 本州中部からインド洋にかけて分布し、浅海の岩礁に見られる。
群体は被覆状で、莢壁の直径1.5cm、高さ2cm程度。イボヤギに似るが、こちらの方が一回り大きく、背も高い。
ポリプは昼間開かず、夜間に満開になる。
群体の色は橙色、薄ピンク色等。
光・水流・水温・他 光−必要とせず、水流−中〜強、水温−23℃前後
備   考 特に導入直後は水流を軽く当てた方が良い。餌は臭いの強いものでポリプを開かさせてから与える。
蛍光灯や岩陰では、給餌を続けることで昼間もポリプを開くようになる。
撮影場所・協力

アクアマーケット
てかの水槽

撮  影  者

てか