マリンアクアリストのための

珊瑚図鑑 

画    像

和   名 エダアワサンゴ

枝基部は死んでいるのが普通。

触手は大きく、花びら様。先端に白斑がない。

右上:ニホンアワサンゴ
右下、左:エダアワサンゴ

通 称 名 ----------
学   名 Alveopora  allingi
解   説 沖縄以南に分布し、浅海の岩礁域に見られる。群体は太い枝状になり、基部が死んでいる。枝の先端には直径4〜5mmのポリプが多数つく。ポリプ先端は花びら様の丸い感じになる。サンゴ個体は大きく、莢壁を共有する。骨格は多孔質でもろい。ポリプを長く伸ばした先に触手を広げ、ハナガササンゴの仲間に似るが、ハナガササンゴの触手が24本なのに対して、アワサンゴの仲間は12本しかない。群体の色は褐色、緑色、桃色などで。ニホンアワサンゴのような触手先端の白斑はない。画像の群体は、渦中藻が抜け、白くなったため、触手先端に白斑があるように見えるだけ。
光・水流・水温・他 光−弱、水流−中、水温−25℃前後
備   考 特に導入直後は水流を強めに当てた方が良い。
撮影場所・協力

アクアマーケット

撮  影  者

てか