マリンアクアリストのための
珊瑚図鑑
 

てかの                                         
 南の海を目指せ!

画    像

和   名 エンタクミドリイシ

通 称 名 ----------
学   名 Acropora  solitaryensis
解   説 紀伊半島以南に分布する。群体はテーブル状で、枝が水平方向へ放射状に細かく枝分かれし、それらが融合し、網目状または、板状になる。板状のものは直立枝の発達が悪く、枝分かれしない短い枝(1cm強)が多数出る。画像のように網目状の群体は直立枝も良く成長し、枝分かれしたものが長く伸びる。これらは一見別種と見間違うほど群体形が異なる。温帯域では普通に見られる。群体の色は茶色または緑色。
光・水流・水温・他 光−強、水流−中、水温−23℃前後
備   考 特に導入直後は水流を当てた方が良い。高水温では色落ちするので注意する。
撮影場所・協力

アクアマーケット

撮  影  者

てか