マリンアクアリストのための

珊瑚図鑑 

画    像

和   名 リュウキュウノウサンゴ


白い糸状のものは、スィーパー触手。

通 称 名 ----------
学   名 Platygyra ryukyuensis
解   説 沖縄以南に分布し、礁池や礁縁部の浅瀬で見られ、干上がるところにある群体は上部が死に、マイクロアトールを形成する。群体は半球形で、全体が短い谷で覆われる。谷は急に落ち込み、隔壁も薄い。シナノウサンゴに似るがこちらの方が谷が短い。群体の色は黄褐色や緑褐色など。
光・水流・水温・他 光−強、水流−中、水温−25℃前後
備   考 特に導入直後は水流を強めに当てた方が良い。夜間に長いスィーパーを出して、まわりのサンゴを攻撃するので、近くに他種のサンゴを置かない方がよい。置き場所に一考を要するサンゴ。
撮影場所・協力

てかの水槽

撮  影  者

てか