マリンアクアリストのための
珊瑚図鑑
 

てかの                                         
 南の海を目指せ!

画    像

和   名 ナガイボヤギ

通 称 名 ----------
学   名 Dendrophyllia  gracilis
解   説

本州中部以南に分布し、浅海の岩礁にみられる。
群体は一見、放射状に見えるが、樹枝状になり、短い主幹から多くの枝がかたまって分岐する。分岐する枝は上や斜め向きにまっすぐ出ている。
ポリプは昼間開かない。
群体は橙色で、枝先から出る触手は黄色。

光・水流・水温・他 光−必要とせず、水流−強、水温−20〜23℃
備   考

臭いの強い餌で触手を出させてから、小さく切った餌をピンセット等で与える。
蛍光灯下や岩陰では、給餌を続けることでポリプが昼間も開くようになる。
岩に立てかけて置くと、そこから痛んでくるので注意する。

撮影場所・協力

アクアマーケット

撮  影  者

てか