マリンアクアリストのための
珊瑚図鑑
 

てかの                                         
 南の海を目指せ!

画    像

和   名 ウスエダミドリイシ

通 称 名 ----------
学   名 Acropora  tenuis
解   説 沖縄以南に分布し、礁斜面の浅場で普通に見られる。群体は放射状である。基部から横に張った枝から直立枝が伸び、上から見ると均等な間隔で配列する。頂端ポリプはあまり突出せず、側生ポリプは規則的に並び、上から見るとロゼット状である。昼間に触手を出すものもある。ハイマツミドリイシと非常に似る。違いは側生ポリプでハイマツミドリイシは莢壁が横に長く、下唇が下向きに張り出すが、ウスエダミドリイシはポリプの上面観が丸く、下唇が横に張り出していることで区別出来るが、難しい。群体の色は端褐色だが、頂端ポリプが桃色や黄色になり側生ポリプも同じく色づくものもある。最近輸入されるものの中には群体全体がパステル調の薄青色、灰青色、薄桃色、桃色、薄緑色のものも見られる。
光・水流・水温・他 光−強、水流−やや強、水温−25℃前後
備   考 特に導入直後は水流を当てた方が良い。輸入種のパステル調の群体はメタハラ等の強い光を当て続けると、色がくすんでしまう。
撮影場所・協力

てかの珊瑚水槽

撮  影  者

てか