マリンアクアリストのための
珊瑚図鑑
 

てかの                                         
 南の海を目指せ!

画    像

和   名 オオヅツミドリイシ


上の2枚と下の2枚は全く同じ群体です。上は入荷直後、下は入荷から2週間経っています。適正な光量と水温、添加物により、こんなに色が上がって綺麗になります。

通 称 名 ----------
学   名 Acropora  longicyathus
解   説 奄美大島以南に分布し、礁斜面の深場や波当たりの弱い潮通しの良い場所に見られる。群体は樹枝状で、直立した主枝から小枝が密に出て、樹枝状やブラシ状になる。頂端ポリプは円筒形で長く突出する。側生ポリプは着生した管状、または突出した管状になる。莢はツツミドリイシよりも一回り大きい。群体の色は、褐色、淡褐色、赤褐色、淡紫色など。
光・水流・水温・他 光−強、水流−中、水温−25℃前後
備   考 特に導入直後は水流を当てた方が良い。
撮影場所・協力

アクアマーケット

撮  影  者

てか