マリンアクアリストのための
珊瑚図鑑
 

てかの                                         
 南の海を目指せ!

画    像

和   名 タチハナガサミドリイシ

通 称 名 ----------
学   名 Acropora  selago
解   説 奄美大島以南に分布し、礁斜面の浅場でやや普通に見られる。群体は叢状や放射状だが、乱れた印象がある。頂端ポリプは少し大きくあまり突出しない。枝がそのまま先端でポリプになった感じ。側生ポリプは着生し、下唇が大きく張り出しているが、ロゼット状ではなく、粗い鱗状に見える。昼間もポリプを開くことがある。共骨には細かい肋が見られ、微針が覆う。群体の色は淡褐色、暗褐色、黄褐色、青褐色、青色、黄色など多彩。
光・水流・水温・他 光−強、水流−中、水温−25℃前後
備   考 特に導入直後は水流を当てた方が良い。
撮影場所・協力

アクアマーケット

撮  影  者

てか