マリンアクアリストのための
珊瑚図鑑
 

てかの                                         
 南の海を目指せ!

画    像

和   名 エダハナガササンゴ

通 称 名 -------------
学   名 Goniopora  columna
解   説 千葉県以南に分布し、波の静かな濁りのある浅所に見られる。
群体は枝の非常に太い樹枝状だが、ショップ等で見られるものは、その先端部のみである。また、高緯度地域で見られるものは、被覆状になる。
大きな群体では枝の先端部にポリプがついていて、下部は死んで骨格だけになっている。
莢の直径は4.5mm程度で、ポリプは長く伸びず、触手も短い。
群体の色は黄緑色、黄褐色、赤褐色など。
光・水流・水温・他 光−強
水流−中
水温−25℃前後
備   考 餌よりも褐中藻に依存しているが、餌は与えた方が良い。
撮影場所・協力

ペットン・てかの水槽

撮  影  者

てか