マリンアクアリストのための
珊瑚図鑑
 

てかの                                         
 南の海を目指せ!

画    像

和   名 オオワレクサビライシ

通 称 名 ----------
学   名 Diaseris  fragilis
解   説 沖縄以南に分布し、礁池等の砂泥底に見られる。非固着性で、割れていない個体の直径は2〜3cm程度。隔壁には細かい顆粒が並び、ほぼ同じ高さ。昼間はポリプを開かない。全体の形は花びら状または円盤状だが、幾つかある節の部分で、わずかな力を加えると簡単に扇形に割れてしまう。画像1〜3枚目のものは輸送時の衝撃で割れている。割れた部分は無性的に欠けた部分を再生し増える。画像4〜5枚目は6ヶ月後の同じ個体で、割れた部分を中心に成長し、円形に戻っていく様子が分かる。色は褐色で、口と周縁部が緑色になるものもある。
光・水流・水温・他 光−強、水流−中、水温−25℃前後
備   考 特に導入直後は水流を当てた方が良い。
撮影場所・協力

アクアマーケット・てかの水槽

撮  影  者

てか