マリンアクアリストのための
珊瑚図鑑
 

てかの                                         
 南の海を目指せ!

画    像

和   名 タバネイボヤギ

右に半分だけ見えているのが、触手を引っ込めた状態の群体

触手を縮めさせた状態

通 称 名 ----------
学   名 Tubastraea sibogae
解   説 本州中部以南に分布し、流れの速い浅場の岩礁域に住む。群体塊状や柱状で、1cm弱の円筒形のサンゴ個体が並ぶ。サンゴ個体は共肉から突出する。イボヤギに似るが、共骨があまり横に広がらず、主幹を形成して、上へ上へと成長する。また、側枝も出す。体内に褐虫藻を持たないので、特に光を必要としない。群体の色は赤色、橙色、暗緑色、茶色などで、ポリプは共肉より淡色である。
光・水流・水温・他 光−必要としない、水流−やや強、水温−20〜25℃前後
備   考 特に導入直後は水流を当てた方が良い。給餌は餌を吹き付けたり、ポリプに直接埋め込む。ブルー系のランプではくすんで見える。
撮影場所・協力

アクアマーケット・てかの水槽

撮  影  者

てか