マリンアクアリストのための
珊瑚図鑑
 

てかの                                         
 南の海を目指せ!

画    像

和   名 -------------

通 称 名 エダコモンsp.(和名未記載)
学   名 Montipora  altasepta
解   説 八重山諸島以南に分布し、礁池などの浅場に多く見られる。群体は樹枝状になるが、その枝の形状は生育密度により異なる。密度の小さいところでは画像のように不規則な短い枝や指状の枝を持つが、密度の大きなところでは枝が真っ直ぐに長く伸びる。サンゴ個体は共骨に埋没し、莢の周りが盛り上がってリング状、こぶ状に見える。莢の直径は0.8mm程度である。群体の色は淡褐色、緑黄色、灰色などが見られる。
エダコモンサンゴによく似るが、枝の概形、莢の周りの様子などで区別できる。
光・水流・水温・他 光−中、水流−中、水温−25℃前後
備   考 特に導入直後は水流を当てた方が良い。光が強すぎると、白化しやすいので注意。画像の群体は250Wメタハラ直下で真っ白になっています。
撮影場所・協力

アクアマーケット

撮  影  者

てか