マリンアクアリストのための
珊瑚図鑑
 

てかの                                         
 南の海を目指せ!

画    像

和   名 チヂミウスコモンサンゴ

通 称 名 ----------
学   名 Montipora  aequituberculata
解   説 種子島以南に分布し、礁池などの静かなところに見られる。群体は被覆状または、葉状で、大きく成長したものは画像1枚目のように何重にも重なった葉状になる。葉状部は薄く広く張り出す。表面は多くの小さな瘤状突起が覆う。特に周縁部では瘤状突起が融合して出来た短い峰がみられる。ウスコモンサンゴに比べ峰が小さく、峰のつながりが弱いことで区別できる。峰の間に目立たない口が多数ある。群体の色は、淡褐色、黄褐色、緑褐色、紫褐色などで、周縁部は白っぽい。
光・水流・水温・他 光−強、水流−中、水温−25℃前後
備   考 特に導入直後はゆるい水流を当てた方が良い。
撮影場所・協力

アクアマーケット

撮  影  者

てか