マリンアクアリストのための
珊瑚図鑑
 

てかの                                         
 南の海を目指せ!

画    像

和   名 ムカシサンゴ

通 称 名 ----------
学   名 Stylocoeniella  guentheri
解   説

紀伊半島以南に分布する。
被覆状または、わずかに盛り上がった準塊状群体で、まれに柱状、枝状になる。群体は黒っぽいものが多い。
莢は直径1mm以下で小さい。隔壁12枚で長短交互になっている。
サンゴ個体は触手が短く褐色、口盤が青白、白、緑、赤色等。昼間もポリプを開くことがある。似たヒメムカシサンゴは、群体が小さく、12枚の隔壁が同じ長さ。

光・水流・水温・他

光−強、水流−中、水温−23〜25℃

備   考 ショップではほとんど扱われていない。ライブロック等に付いている小群体を観察出来る程度でレア。
撮影場所・協力 ペットン・アクアマーケット
撮  影  者 てか