マリンアクアリストのための
珊瑚図鑑
 

てかの                                         
 南の海を目指せ!

画    像

和   名 マルアナハナガササンゴ
通 称 名 -----------
学   名 Goniopora  tenuidens
解   説

沖縄以南に分布し、波の静かな礁池や礁斜面に普通。群体は被覆状、塊状、半球形で50cm程度にまでなる。莢は円形か多角形で、3mmほど。ポリプはあまり長くなく、触手が先細りでなく、切り揃えたようになっている。これにより他種と容易に区別できる。ポリプは昼間も伸びている。群体は褐色、淡褐色で、口盤が白色や桃色になるものもある。

光・水流・水温・他 光−強、水流−中、水温−25℃
備   考

餌よりも褐中藻に依存しているが、餌はやった方が良い。

撮影場所・協力 ペットン
撮  影  者 てか