ベルリン日記

ベルリン式システムへ向けて(準備編)

ライブサンドはKgあたり2000円と高価なので手が出ず普通の珊瑚砂を換水の排水につけて少しでもライブ化することに・・・ その他に準備することもなし。

1999
3/12 珊瑚砂の購入(0号、3号共に25Kgずつ計50Kg
3/18 珊瑚砂(50Kg全て)を換水時の排水につけ、バクテリアの添加を行う。
4/4〜 2週間に一度の割合で、珊瑚砂の排水交換とバクテリア添加。バケツでつけているので酸素不足による硫化水素等の発生を心配していたが、臭いもなく大丈夫な模様。

ベルリン式システムに挑戦!(実行編)

8/22 とうとう水槽を入れ替えベルリン方式へ変更しました。最初は当面フルドライ濾過との併用を考えていましたが、珊瑚砂を4ヶ月も海水につけていたので、フルドライ濾過はやめ、ベルリンのみでスタートしました。(仕様は水槽紹介のページを参照)
水も全く濁らず良いスタートを切っている。
8/23 硝酸塩等は測っていないが、調子はよさそう。水質の詳細データは他の人のホームページでも詳しく書かれているので、ここにはあまり書かないことにする。出来るだけ、初心者向きに目で見たこと、感想を中心にします。
8/30 水槽の状態は良さそう。キャンプから1週間ぶりに帰宅、ちょっと早い気もしますがソフトコーラルの土産を多数入れる。
8/31 朝起きると、1階の水槽から腐敗臭が・・・、見た目は変わらず、どれが臭っているのか? 仕事から帰ってみると、オオトゲトサカが腐敗、臭いと濁  り が強い。最悪の状態!換水60L
オオトゲトサカの輸送方法に問題があったようです。
9/2 他の珊瑚にも腐敗の影響見られ、水槽全体が崩壊に向かっている。水が白濁し、臭う。プロテインスキマーはフル稼働、廃液はいくらでも出る。調子の悪い珊瑚をすべて出す。
9/5 150L換水、白濁と腐敗臭は取り合えずなくなる。
9/6 小康状態保つ、残った珊瑚も調子は今一!
9/15 良くもなく、悪くもなく。(小康状態)
自然に任せたナチュラルシステムなので、一度こうなると元に戻るのに時間がかかるようだ。良い状態に戻るまで、当初の予定通りフルドライを併用することにし、設置する。換水50L
9/16 底砂撹拌用にイシゴカイを入れる(500円分)
9/25 現在の水質
水温26.0度 比重1.0225 pH8.29
Ca濃度480ppm COD値7mg/l
亜硝酸0.1mg/l以下 硝酸塩30mg/l
硝酸塩が高いのですが、試薬に疑問が・・・?
以前からマリンアートの硝酸塩試薬を使用していますが、換水後でも値が高いので信じて良いものかどうか疑問でした。RO等を使用せず水道水そのままなので、水道水が元から硝酸塩値が高いのかも?
10/24 オオトゲトサカとキバナトサカ、それぞれの色違い数種を入れる。無謀か?
11/1 随分調子が上向き!(下は本日のデータ)
 水温23℃ 比重1.0220 pH8.2
 亜硝酸0.1ppm以下 硝酸塩2.5ppm以下
 Ca濃度570ppm KH8°dH
この値なのに石灰藻が生えてこない?
12/10 Ca補充のため、石灰水の点滴をはじめる。

2000

1/20 Ca濃度が高くなりすぎた!?
ミドリイシ類がほぼ全滅!
石灰水の点滴を中止
2/10〜 ヤッコの珊瑚礁化計画を実行!ヤッコが乱舞する珊瑚礁を夢見て・・・
アズファ、ブルーフェイス、ニシキヤッコ等を順次入れていく。
無謀か? 餌、糞による硝酸塩濃度等の上昇が心配。
2/20 石灰水の点滴を再開
2/25 ヤッコの珊瑚礁化計画は順調。
2/29 ヤッコたちに病気が・・・!感染力が非常に強い。珊瑚水槽なので薬が使えない!発症2〜3日で死亡。次々と落ちていく。幸い、珊瑚には影響が見られず。水質も良好。
3/10 以前からいた魚も落ちてしまいました。生き残った魚はニセモチノウオのみ。結局病気には太刀打ちできませんでした。珊瑚は皆元気です。
ヤッコの珊瑚礁化計画はこれにて終了とします。(一時中止?)
3/25 自作OFの落水が今一。パワーのあるポンプに変更すると、落水が間に合わない可能性もあり!
仕様・設計を変更する必要も・・・
3/28 日曜大工で自作OFの仕様変更。少しは改善されたようだが、まだまだ研究の余地有り。
7/22 クーラー(レイシー502NX)の能力が低く、水温が30℃近くにまで上がってしまいます。珊瑚たちにとっては危険な夏になりそう。
8/26 大型クーリングファンを追加設置、おかげで水温は最高26〜27℃位に抑えられるようになったが、海水の1日あたりの蒸発量が激増。1週間に2Lだったのが、1日2〜4Lに・・・、自作給水器のおかげで何とか水量は維持できている。
9/9 約3ヶ月ぶりに30L(全水量の20%)の換水。調子はすこぶる良いので、換水する方が不安なくらい。これもベルリンの効果?ペットンの辻君に話すと、「嵐の前の静けさってやつですか?」と言われた。
10/7 またまたヤッコに手を出す。クィーンエンゼルとウズマキ追加。
10/28 クィーンがお☆様に。やっぱり、うちの水槽はヤッコ向きでないのか?

2001

1/5 照明の強化メタハラとブルーライトだけでは四隅が薄暗くなるので、改善のため、10000Kの蛍光灯2灯とブルーライト1灯を追加。この蛍光灯だけで水槽の雰囲気が随分変わった。そろそろ次の換水の準備もしなきゃ。
1/25 半月くらい前から、お気に入りのタコアシが骨格から離れ出し、今日完全に離れてしまった。離れても元気に開いている?長期に渡って換水していない影響か?水も少し黄ばんで来たかな?
1/27 約6ヶ月ぶりに40L換水。(今回は長く換水しなかったので、水量を多めにした。)調子は良い。最近オーバースキミング気味なので微量成分の添加を若干増量すると、ライブロックに海草類(ウチワサボテングサSP.)が生えだした。Feの効果。−追記−アカネハナゴイ7尾入れた。
2/12 前述Fe添加の影響でコケが目立つように。全く添加しないとコケも減少するが、目に見えて海草が育たなくなる。添加量の難しさを感じる。
3/9 ナガレハナLLにヒメニチリンイソギンチャクがくっつき、溶けていく。スポイトで腐敗部分を毎日吸い出したが、止めることができず。3/4溶けたところであきらめて取り出す。イソギンチャクはショップに養子へ。でもまだ分裂したのが2ついる。
3/11 ナガレハナが溶けた影響だと思うが、水質が悪くなって来たように感じる。30L換水。ついでにサンプも大掃除。ベルリン設置以来初めて。
3/28 新しく購入したチヂミ(パープル)を溶かしてしまった。その巻き添えで超美麗な大型ウミバラも溶ける。(あっと言う間の出来事で対処できず)
4/16 調子も戻ってきたようだが、石灰水の点滴時に海藻の一部が溶けたりする。非常に微妙なバランスを保っているようです。
5/2 調子は良い。が、赤い藍藻が出てくる。原因はFeの添加?
6/10 3ヶ月ぶりに60L換水。Fe添加によるコケ発生が気になっていたので、換水量をいつもより多めにした。
7/1 暑くなってきて、クーラーの不調がひびいています。28℃まで水温が上昇。クーリングファンをメタハラと連動するようにして稼働開始。
7/7 最近Fe添加を半分にする。いっぺんにコケが出なくなり、藍藻類も消えました。ただし、海藻の成長は目に見えて悪くなりました。
7/31 水温は何とか、クーラーにファン追加で28℃をキープ。Fe添加量を少なくしたのと、高水温?のため海草類はサボテングサ系とミルの仲間だけになりました。珊瑚は何とか調子を保っています。
9/9 最近バブルコーラルを続けて2つ落としたので、3ヶ月ぶりに30%(50L)の換水。海水というより、夏の高水温でバテバテ?
10/9 秋に入り、気温も下がってきたので、水槽水温も23℃をキープ。珊瑚たちも調子は良さそうです。夏に落とした珊瑚の穴埋めをそろそろ・・・
10/25 アストロビームの250Wを追加しました。照明は合計460Wになります。これでミドリイシも状態良く飼えるかな?ただコケがちょっと心配。しばらくは古いメタハラと同じ9時間点灯で様子を見ます。

2002

01/02 最近、水槽のバランスが大変良いように思います。照明強化による藻類の繁茂も少なく、安心しました。ミドリイシ類の色も随分と揚がってきましたが、反面オオタバ類の色が鈍く落ちてきました。日陰もつくる必要がありそうです。ソフトコーラル類の子供たちもライブロック上に見かけます。(キイロトゲトサカ・ウミキノコsp・ウミアザミsp他) 海草もあちこちから生えてきました。昨年暮れには水槽内の草刈りをしたほどです。しかし、海草の繁茂は、塩類濃度が高くなってきているとも考えられるので、注意が必要かもしれません。換水の頻度を増やした方が良いでしょうか?
01/27 時間が出来たので、久々に30%(50L)の換水。この数週間の間にミドリイシをいくつか追加。水槽は満杯状態で、サンゴ同士が接触しないように、レイアウトし直す。シナノウサンゴのスイーパーポリプに困る。5cm以上伸ばして、まわりのサンゴを攻撃・・・
03/30 水槽に特に問題はないが、30%(50L)の換水。水流の向きを変更したら、ミドリイシの1つが半分溶けた。強い水流が直接当たってしまっていたようです。
04/29 水槽用クーラーが故障のため、修理中。その関係でポンプが一つ足りず、現在プロテインスキマーを停止しています。プロスキ停止のためか?最近の気温上昇のためか?どちらか分かりませんが、藍藻が少し出てきています。去年も今時分に藍藻が出たので季節的なものかな? 完全に管理された水槽(のはず)だから、季節に左右されるのはおかしいのですが・・・
プロスキも止めていることだし・・・取りあえず30Lの換水を実施。
07/07 久しぶりに30%(50L)の換水をしました。子供が水槽を見て、水が輝いているとの感想を・・・、私も同感でした。もっと短い期間で換水した方が良いかな。
07/24 一泊の旅行から帰ると異臭が?、クーラーから本水槽への揚水パイプが外れ、30L程度の海水が流出。本水槽の水位が下がり、強力なメタハラの光でライブロック上部の大型ミドリイシ2つをはじめ、計6つがダメになりました。現在様子を見ているミドリイシも幾つか・・・。魚も2尾が生存不明?ただでさえも気温が高く(35℃)、水位が低い上からの400Wのメタハラ、魚も耐えられません。
水を一端足した後、60Lの換水。夜中の作業となりました。このまま崩壊しなければ良いですが・・・・。
08/15 何とか水槽の状態も落ち着いたようです。今回の事故でミドリイシ系はたった一つを除いて、すべてお☆様にしてしまいました。そのほか、オオバナやウミアザミも何個か犠牲に・・・。また、魚も1尾を残すのみとなりました。新しい生体は秋になってから導入しようと考えています。
09/10 昨日久し振りに魚を入れました。マルチカラー・ドッティーバックです。某ショップで一目でお気に入りに、持ち帰りました。
11/04 久々に換水しました。水量は40L。水が輝いています。サンゴの方も調子はGood!近々水槽写真をUPします。

2003

03/21 このベルリン水槽と共に成長してきたウミキノコ(特ロングポリプ)2つを泣く泣くカットしました。1つが大きく成長しすぎ、膨らむと水面上に顔を出していたのですが、そのため体調を崩し、病気様のくずれ方をしていました。それは隣のキノコにも伝染し、このままでは水質汚濁、ひいては水槽崩壊へとなってしまう可能性がありました。
キノコはどちらも茎の最下部でカットし、岩に残った部分から新たなキノコが成長してくれることを祈っています。明日は、久々に水替えをします。
03/23 換水しました。水量は60L。長く換水していなかったので、多めに交換しました。水が輝いています。さすがにこれだけの期間水替えしないと、海草類の成長もよくなっていました。有機塩類が増えてきていたのでしょう。
06/08 このベルリン水槽用のクーラーが以前から容量不足でしたので、大型のものと交換しました。ついでにサンプの大掃除も、直径5〜6mmの白色の貝(種不明)がびっしりと繁殖していました。スキマーも掃除しましたが、よく見ると汚れでエアーをかまず、ただの筒状態でした。ついでに換水は60L。クーラーの出し入れ時と思うのですが、ギックリ腰のおまけ付きです。
3月にカットしたウミキノコですが、カット面から長さ2cm程度のポリプを沢山出しています。元の状態は長さ4cm強あったので、もう少しでしょうか。
07/22 6月に新規交換したクーラーは快調に働いてくれています。水温は23℃。水槽のガラス面に結露するのが最近の悩みです。(贅沢)
12/10 前の換水から5ヶ月以上になります。サンゴも調子がよいので換水もせず今日に至りました。しかし、水槽内の海藻の生育が良いので、2週間に一度は草刈りをしています。これが栄養塩類の低減につながっているのでしょうか。ベルリン式というよりもアルジ・スクラバーシステムですね。この善し悪しは分かりませんが、換水の必要が無いのは気分的に楽です。(と言っても今までも3ヶ月に一度でしたが) 逆に換水することによる海草類への影響が心配です。

2004

01/18 今日は昼前から急遽換水しました。昨年夏前から無換水の記録を更新してきたレイアウト水槽ですが、無換水記録打ち止めとなりました。
朝8時の時点で異常がなかったのですが、午前10時には水槽水が真っ白に!
どうも原因は水槽内のゴカイ類の放精放卵のようです。数百Lしかない水槽内では、自然と違い大変です。生臭い臭いもするような気がします。仕方なく大事になる前に換水を決行することになりました。換水は50L、全体の3割程度です。
今まで無換水で調子よく来ただけに、この調子の良さが仇になってしまうとは・・・。何が起こるか分かりません。
01/28 換水から10日経ちました。特に心配した換水による不調も見られませんでした。これで取りあえず一安心です。
09/01 7月中旬から水槽クーラーの調子が悪く、水温が28℃にまで上昇。故障かと半分諦めていたのですが、8月に入ってから、外して冷却フィンを清掃したところ、水温が設定値の23℃にまで一気に下降しました。クーラーのメンテナンスの必要性を痛感しました。
水温が高温になったことで、ミドリイシが茶色くなってきていましたが、水温が下がった途端再び色上がりしてきました。

2005

01/01 水槽環境、水槽内生体共に調子は抜群です。完全に出来上がった感がしますが・・・、最近レイアウトを全て変更しようかと考えています。今は手を加えるのが一番調子を崩しそうですが・・・。ライブロックもそろそろ新しいものに変えたいし、レイアウト変更でさらにサンゴが詰め込めるようにもしたいのが一番の思いです。
06/25 突然エダミドリイシの1つが溶けてしまう。Ca値は高めだが、設定内なので、原因は先日カルシウムリアクターを新設したときにサンプ内を掻き回したのが原因かと考えられます。幸い溶けたのは大型ミドリイシ1つだけでした。急遽、換水60Lを決行、何ヶ月ぶりでしょうか?前回いつ換水したか忘れてしまいました。

2006

01/15 水槽内のサンゴ達の調子は良いのですが、突然思い立って、60Lの換水をしました。一応3ヶ月での換水を決めていますが、ついつい忘れがちになってしまいます。
04/01 特記事項はありませんが・・・。水槽はBESTな状態です。
08/20 60Lの換水をしました。

2007

01/26 最近細い緑藻類が殖えてきました。そろそろ換水の時期でしょうか。カルシウムリアクターのポンプの調子がイマイチで時折止まってしまいます。ポンプの清掃が必要なのか。次回メディアの補充時にメンテが必要かな。

【送料無料】前面コーナー曲げガラスのフレームレス水槽『プロテクト600セット』 吊り上げ式2灯ライト付 ディバイダートラップ 隔離ケース 仕切り板、取り外し可能(両サイドと中央) 『セラミックパワーヒーター500W』(定価5460円) 90cm〜120cm水槽用